インファームジャパンはドイツのベルリンに本社を構えるInfarm - Indoor Urban Farming GmbHの日本法人です。

 2013年にエレズ・ガロンスカ(創業者兼現C E O=最高経営責任者)とガイ・ガロンスカ(創業者兼現C T O=最高技術責任者)兄弟、およびオスナット・ミカエリ(創業者兼現C B O=最高ブランド責任者)の3名がベルリンで創業したのが始まりです。

 現在は世界11カ国に1400以上のファーミングユニット(後述)を展開しており、55を超える国・地域出身の生物学者、ソフトウェア開発者、プロダクトマネージャー、ビジネスストラテジストなど様々な専門分野に長けた人材で構成された多国籍チームで運営しています。弊社では、独自に開発した水耕栽培装置(ファーミングユニット)を用いた次世代型屋内垂直農法により、ハーブや葉物野菜を栽培・販売しています。ファーミングユニットにはIoT技術と機械学習技術が搭載され、各品種にとって最適な状態となるようユニット内の環境を常時自動的にアップデートしています。また、各ファーミングユニットはクラウドに接続されており、本社のあるベルリンから24時間遠隔で管理をしています。

 当社の事業の最大の特徴は「究極の地産地消」、すなわち、ファーミングユニットを都市郊外ではなく都市部の、特に消費者に最も身近なスーパーマーケットや飲食店等の店舗内に設置している点にあります。都市部の限られた敷地にファーミングユニットを分散して設置することで、環境負荷を軽減し、採れたての新鮮な野菜を消費者に提供する、都市型農場のプラットフォームを形成したいと考えています。

求める人材像

アーバンファーマーとして、優れたカスタマーサービスの意味を理解し、クライアントの満足度、ロイヤルティ、支持を向上させたいと考える方。

Infarmとクライアントとの最初の接点として、Infarmの野菜やハーブについて最新の情報をクライアントに提供し、驚きを与えることに喜びを感じる方。

野菜やハーブなど品質の高い食品に情熱を抱いており、Infarmの使命のプレゼンターとなる方。

さらに細部にまで注意を払う、これは私達が求める人材の最も重要ななスキルの1つです。

主な業務内容

  • Infarmの野菜やハーブの収穫・包装を行い、クライアント(スーパーマーケットなど)に高水準の野菜やハーブを届け、食品ロスを最小限にする
  • クライアントと対話し、一流のサービスを提供する
  • 当社の品質・安全・環境基準に則り、インストアファームを清潔に保つことにより、野菜やハーブの健康を保つ
  • Infarmアプリを使用して収穫の記録と野菜やハーブの問題を報告する
  • Infarmのガイドラインに従って、顧客のフィードバックとニーズについて報告する
  • 必要に応じてインストアファームの基本的なメンテナンスを実行する
  • 健康と安全に関する法律とガイドラインに従うことにより、自分自身と他者の安全を確保する

必要条件

  • 普通自動車運転免許証/自動車の運転が得意であること
  • 就労ビザ(外国籍の方)
  • 英語ができるとなお有利
  • 植物、持続可能性(サステナビリティ)、栄養への情熱のある方
  • 細部への強いこだわり、注意深い視点、清潔さへ配慮のできる方
  • 単独でもチームの一員としても、自信を持って落ち着いて作業できること
  • 小売業界や接客業などでの経験があれば尚可

私たちが提供するもの

  • 世界中で事業を拡大し農業の未来を変える役目を担うInfarmに参加する機会
  • やる気と才能とビジョンを持つ、多様な同僚たちのグループと共に働くフレンドリーな職場環境
  • 各種社会保険、通勤手当
  • Infarmの新鮮なハーブをお持ち帰りいただけます。

Infarmは平等な採用をします。私たちは経歴や状況に関わらず全ての社員が成長できる包括的な環境を作り上げることに注力しています。私たちは人々の個性や違いを尊重して多様性を育てます。各社員のそれぞれの経験、考え方、視野はみんなで学び、成長し、素晴らしいものを共に作成するしなやかな環境を作るのを助けます。全ての応募者には年齢、性認識、言語、障害、人種、出身地、宗教、信仰、文化、社会経済的地位、性的指向に関わらず平等な機会が与えられています。

この仕事に応募する

* 必須